プロフィールムービー

新着情報

プロフィールムービーで大切にするべきポイント

新郎と新婦

今や結婚式ではマスト進行となっているのは、プロフィールムービーです。業者へ頼んだり、新郎新婦が手作りしたりと色々なムービーがありますが自己満足にならず、最後まで見てもらえるプロフィールムービーは意外と少なかったりします。せっかく作っても見てもらえなければもったいないですよね。
参列者の方皆さんに楽しんでもらえるポイントが幾つかあるのでまとまてみました。まず最も重要なポイントは、参列者全員がなるべく写っている写真を使うことです。披露宴は新郎新婦にとって大切な方ばかりが参列しています。二人の事を祝福してくれる気持ちは皆さん同じはず。なのでそんな方々を紹介しあうと意味もこめてなるべくみんなが写っている写真を使います。
その際見てる側は自分が写った瞬間リアクションをとる方がほとんどです。新郎新婦との関係性がわかりやすく話のきっかけにもなったりするのです。ふたつめは写真の量よりも質。何枚も同じような写真をパラパラ並べるよりもインパクトのある面白写真や感動写真を使いコメントを差し込んだほうが見やすくわかりやすいプロフィールムービーに仕上がります。
最後に最も重要なポイントが長すぎないということ。たくさんの人といろんな思い出があっていっぱい盛り込みたい気持ちはわかりますが長すぎるムービーは見ている側からすると飽きてしまいダレがちになってしまいます。6?10分くらいでおさまる内容を意識して作成するとスッキリとまとまった映像に仕上がります。

プロフィールムービーを自作する際のメリットとは

結婚式に新郎新婦の生い立ちから結婚までを編集したプロフィールムービーを使用する事が多いですが、業者に依頼するのではなく自分達で制作する人が増えてきています。業者に依頼をした方が質の高いプロフィールムービーを制作する事が出来ますが、自作をする事でメリットになる点もあります。そこでプロフィールムービーを自作するメリットを挙げていく事にしましょう。
まずは、好きなように仕上げる事が出来ることです。プロフィールムービーを制作する時に業者に依頼すれば質の高い映像を制作してくれますが、自分達のこだわりを入れるのが難しくなってしまう場合があります。特にこだわりがない時は問題ありませんが、こだわりたいと考えている人にはデメリットになってしまいます。しかしプロフィールムービーを自作すれば好きなように仕上げる事が出来るのでメリットになります。
次は、基本的には費用が安くなることではないでしょうか。プロフィールムービーを制作する時に業者に依頼すれば費用が発生しますが、自作をすれば基本的には費用を安く抑える事が出来ます。結婚式で費用がかかるのでプロフィールムービーを制作する費用は安く抑えたいと考えますが、自作の方法によっては業者に依頼するより費用が高くなってしまう可能性もあるので注意する必要もあります。

新郎新婦以外も主役になれるプロフィールムービー

結婚式で新郎新婦の子ども時代や仲間との懐かしい写真を見ることができるプロフィールムービーは、ゲストが楽しみにしている演出の一つです。ですが、新郎新婦の紹介としてだけでなく他の人も主役になれて感動を呼ぶプロフィールムービーにしたいなら、こんな演出はいかがでしょうか。
それは、「幼い時の写真と同じポーズで写真を撮る」というものです。例えば、子どものころに実家の前で両親と撮った写真と同じような立ち位置・ポーズで現在の両親と自分で写真を撮って、それを同じタイミングで流します。また、兄弟で小さいころ取った仲良しの写真をピックアップして同じ場所で同じように写真を撮るのも面白いかもしれません。
子どもの成長ぶりや、新郎新婦ばかりになりがちなプロフィールムービーがその家族たちも主役になれて、感謝の気持ちを伝えられる感動的なものになること間違いなしです。実家が遠くにある場合や、家族と離れて暮らしている場合は写真の事前準備や、実際の撮影など下準備が大変ですが、結婚式用としてだけでなく、家族の一生モノのプロフィールムービーになること間違いなしです。
プロフィールムービー全体の構成としては、この同じポーズの写真群は終盤で流すのがおススメです。BGMの最後(Cメロ)に差し掛かった辺りだとより盛り上がります。実際にムービーを流したら、そのタイミングで感極まって涙する人もいたそうです。

プロフィールムービーの目的を明確に

結婚式とは2人の結婚を祝うための式です。なので最高の思い出にしないといけませんよね。その結婚式のプログラムの内にあるプロフィールムービーはその結婚式の雰囲気を作るものでもあります。ですからこのプロフィールムービーを制作する際には明確な目的を持っておかないと最高の思い出にすることはできません。
プロフィールムービーの目的は新郎新婦の2人で話し合って決めましょう。例えば2人とも陽気な方で結婚式も楽しいものにしたければ、面白さを狙ったプロフィールムービーを作ってみてもいいと思います。他には育ててくれた親や支えてきてくれた友人たちに感謝を伝えたいのなら、感動溢れるプロフィールムービーにしてもいいと思います。このように自分達が何を思っているかによってプロフィールムービーの目的が決まります。
もし目的がなくただ作るだけだと結婚式の雰囲気を壊してしまうかもしれません。ものを作るときに大切なのは気持ちです。これが無いものはどれだけきれいにできていても完成度が高くなりません。なので目的を持って作ることは非常に重要なのです。
もしプロフィールムービーを依頼するときはきちんとその目的を伝えておくことで、理想通りのものになります。自作する際は自分達で目的を持ってできます。どちらに転んでもこのことだけはしっかりやってみてください。


結婚式の醍醐味としてプロフィールムービーがあります。感動的なプロフィールムービーから楽しさがあり盛り上がるプロフィールムービーまで、様々なタイプのものを制作してもらうことができるので、お願いしてみてはいかがでしょうか。プロフィールムービーがあるだけで、結婚式はより良いものになりますよ。

最新の記事

ウエディングドレス

披露宴の演出で有名なプロフィールムービー

挙式の後に行われる披露宴でスクリーン上に流される映像がいろいろあります。このうち、新郎新婦の幼少期からの成長の記録や、二人のなれそめなどをまとめた映像のことをプロフィールムービーと呼びます。披露宴の演出としては定番なので、結婚式に招待された経験…

MORE

ブーケ

オリジナル感を出すプロフィールムービー

結婚式でゲストが楽しみにしている演出の一つと言えば、「プロフィールムービー」です。新郎新婦がお色直しで中座している際に流されることが多く、ゲストがなかなか知らないであろう新郎新婦の子ども時代や懐かしい思い出の写真を見ることのできる素敵なムービー…

MORE

TOP